爪が反り返る原因は何?

爪が反り返る原因は何?

私の足の爪はもうすごく前から、反り返っていて爪の先が空を向いている。

身体の調子は悪くなくて貧血でもないのだが、爪のそりかえる原因は、鉄分不足らしい。
スプーン爪について調べてみた。

スポンサーリンク

爪の反り返り

手の指の爪も足の指の爪も反りかえることがある。
特に足の爪は、長い期間反りかえっていることがある。

爪の先が空を向いているので、靴下に穴が開いてしまう。
爪の真ん中がへこみ、爪の先が反り返るという症状を、スプーン爪という。

スプーン爪は、匙状爪とも呼ばれます。
爪の上に物が乗りそうなほどにへっこんでしまう。

爪の反り返りの原因

爪が反り返る症状は、体の中に鉄分が不足するためにおこる場合がある。

職業病や鉄分不足、低色素性貧血、甲状腺機能障害、その他の病気と合わせ症状が出ることもある。

爪の反り返りの対処法

鉄分が不足することが原因なので、病院で鉄分の内服薬を処方してもらうと良い。

食生活を見直すことも必要。
鉄分の多い食材を摂取するようにする。

たとえば、レバーや赤身の肉、卵や貝類、大豆製品に海藻類などに多く鉄分が含まれる。

その他の内科的な疾患によることもあるため、専門医を受診することも必要。

すじ爪とは?

すじ爪の症状は、爪の縦や横に筋状の線が現れる。

爪に縦線が入るときは、血液の循環が悪い時。
横線が入るときは、高熱の時、妊娠している時、亜鉛が不足している時など。

バランスの良い栄養を摂り、全体的な健康を維持することが大切。

爪の色で体調が分かる?

白っぽい爪:貧血や肝臓の病気。

緑色の爪:緑膿菌などの細菌感染。
黄色い爪:水虫やカンジダ、肺や気管支の病気、甲状腺の病気。

赤黒い色の爪:肝臓病や肝硬変、ホルモンの移乗。
赤色の爪:脳血栓や心筋梗塞。

スポンサーリンク

ときどき足がつる

仕事中に足がつって動かすことが出来なくなることがたまにある。
長くて5分くらい、短くて1分ほどで痛みは消失し、足のこむら返りも治ってしまう。

「足がつる」という言葉と「足のこむら返りがある」という言葉は同じ意味だろう。

病室で仕事中に、またはナースセンターで椅子に腰を掛けようとする時など、時と場所を選ばずに突然に表れるこむらがえり。

足がつるの原因は?

足を使いすぎた時に、特にこむら返りになっている気がする。
日中の忙しくて動きっぱなしの時とか、一晩中動いていてやっと朝になった夜勤明けなどに、足がつりやすい。

休日などに足がつることは殆どない。
肉体疲労時ばかりではなく、こむら返りには栄養も大いに関係してくるらしい。

足がつる予防食べ物は

野菜などのミネラルが不足すると、足がつりやすいらしい。
解決策としては、野菜などでミネラル特にマグネシウムを多く摂取すると良い。

ナッツ類や納豆、しらす干しなどもマグネシウムを多く含む食材だ。
それらを好んで摂取することで、こむら返りの予防が期待できそうだ。

マグネシウムは神経や筋肉の情報伝達に重要な役割を果たしている。
また、筋肉が異常に興奮するのを抑制する働きを持っている。

バランスの取れた食生活がこむら返りの予防につながる。
マグネシウムを摂取することで、こむら返りの予防や健康的な生活を維持することが出来る。

野菜を多く摂取しない人や、糖分の多いジュースやお菓子などを多く摂取する人は要注意だ。

ファーストフードを多く摂取する人など偏食を繰り返す人も、ミネラル不足になりやすいので注意が必要だ。

 

 下記も参考に
タイトルとURLをコピーしました